積み木

確実に利益を得られるアパート投資をするなら必読

変更する事例の増加

集合住宅

マンション管理会社の変更をするケースが増えていますが、最初に選んだ管理会社が最適とは限らず、柔軟で安く対応してくれる会社が増えている影響を受けています。競争の激化によるサービスの向上が進んでいるため、変更のメリットが生じやすいのが現状です。

More...

賃貸経営の味方

男性

アパート経営やマンション経営を始める方にとって、非常に魅力的なサービスが一括借り上げサービスです。空室になってしまっても安定した収入を得る事が出来るので、今後も利用者が多くなっていくサービスと言えるでしょう。

More...

両立させよう

女性

株式投資と不動産投資を組み合わせて資産運用を行えば、安定度が増します。不動産投資をするほどの資金がないようであれば、中古ワンルームマンションや1棟アパートの代わりに上場不動産投資信託を検討してみましょう。

More...

中古で不動産投資をする

集合住宅

購入費が安く利回りが良い

初めて不動産投資をするにはアパート投資が適しています。マンション投資よりも少ない資金で投資が行えるからです。マンションの一室を賃貸にする区分投資の方がもっと少ない資金で行えますが、空室が出た場合のリスクはアパート投資の方が安全です。また利回りも区分投資では4パーセント程度ですが、アパート投資の場合は8パーセント程度になります。新築アパートの建設費がネックになる場合は、中古アパートで投資するという方法があります。新築アパートの場合は新しく入居者を探す必要がありますが、中古アパートの場合は入居者がすでにいる状態で購入できます。その点も有利ですし、新築に比べて購入費が安くなります。購入費が安いということは初期投資額が少なくなるので、利回りも良くなります。初めての不動産投資には中古のアパート投資が一番やりやすいです。

万一の場合は土地を再利用

サラリーマンやOLでも気軽に不動産投資できるのが区分投資ですが、より有利なのは中古のアパート投資です。その理由は空室が出た時のメリットが小さいからです。区分投資の場合は空室が出ると、その時点で家賃収入はゼロになってしまいます。アパートは8戸程度の部屋があるので、空室が出ても他の部屋の家賃収入でカバーできます。中古アパートによる投資の魅力は初期投資が少なくてすむという点と、万一の場合に建物を壊して更地にすれば別の利用法ができるという点です。駐車場に転用できますし、投資をやめて土地を売却することも可能です。新築アパートの場合は建てる時にローンを利用していることが多いので、壊すに壊せないのです。その点でも中古アパートには万一の時にリスク回避できるメリットがあります。